細⾧い土地を活かした
家族の気配を感じられる平家の家

伊豆の国市 N様邸


家づくりをはじめたきっかけを教えてください

横浜のアパートに5年ほど夫婦2人で暮らしていたのですが、子どもが生まれてから、隣の物音や子ど もの声が周りの家にどう聞こえるかが気になりだしたのと、2人とも地元がこちらなので、実家が近いところでのんびり子育てできたらいいなというのが重なって、家を建てようかなと考えはじめました。

まずは何からはじめましたか

インターネットとイエタテなどのフリーペーパーを見て、メーカーと静岡県東部エリアの土地探しの両 方を同時にはじめました。なかなか2人とも「ここだ!」思えるメーカーや土地に出合えなくて、約1年間は探し続けましたね。その間は自分たちがどういうところを大事にするのかを話し合いながら進めていました。

GO_AN にご依頼いただいた決め手は何でしたか

先に細⾧いここの土地を見つけて、見合う家をいろいろなメーカーさんに相談してきました。でも「この予算だとこんな家しかできない」「細⾧い土地となると、土地が余ってしまいすね」などポジティブなことは全く言ってもらえなかったんです。ところが近藤さんだけが、「ここだったらいけるんじゃないかと思います。おもしろそうですね、やってみましょう、考えてみましょう」と言ってくださったので、ぜひ、とお願いしたんです。打ち合わせ前には土地を見てきてくださって「もうイメージができています」と言われ驚きましたね。

確かに細⾧い形が特徴の土地ですね

私たちの希望した土地の条件は「建物が隣接していない、広く庭がとれる、予算内」の3つでした。 私(奥様)がこの土地だと決めたとき、夫をはじめ友達や親など、周りの人みんなが「なんでこの細⾧い 土地に?」と受け入れてもらえませんでした。でも、間口は7m あるんです。奥行が55m なのですごく 細⾧さを感じるだけだったんです。説明すると夫も理解して、価格も予算内で、周りに建物がないし、車 も余裕を持って停められるのでここに決めました。

こだわったところは何ですか

いちばんは、平家です。この土地なら絶対平家を建てると決めていました。あとは、家族みんなで生活し ているのを感じられる家にしたいと考えていました。家族が必ずリビングを通過する、リビングにみん なが集まる、いつでも家族の気配を感じられるような家が理想です。

ご自分たちで洗面台や収納なども選んでいますね

はい。洗面台の流しは飼い犬を洗えて、漬け置き洗いもしやすい実験用のものです。自分たちの好きな物 を取り入れたいという想いがあったので、他にも郵便受けや表札など、いくつかの資材はこちらで選ん で購入しました。近藤さんは快く受け入れてくださり、取り付けもスムーズでありがたかったです。

GO_AN はペットにも優しい家づくりをしています

中型犬(ミニチュアダックスフンド?)を室内で飼っているのですが、年齢が高く足腰が弱くなってきて いるので、フローリングはすべりにくい素材を採用していただきました。また、子どもが小さいので食事 のときに食べ物をこぼしたり、遊んだりと普段から汚れる機会が多いので、お掃除しやすいのも魅力で す。無垢材の優しい雰囲気が出ているので満足しています。

家づくりの過程で苦労したことはありますか

基本的には楽しくできました。ひとつだけ大変だったのは、住んでいた横浜と現場との移動ぐらいですね。なかなかすぐに現場へ足を運べないので、近藤さんがラインで逐一写真付きの進捗状況を知らせてくださったのが、すごくありがたかったですね。

近藤ほど、現場に行く建築士はいないと言われているそうです。

はい。他の方からそう伺いました。本当にその通りです。ここに来るたびにカンカンやっていたり木材を 運んでいたりと、そういう姿ばかりを見ていました。本当に現場にいらっしゃるんだなぁといつも思っていました。設計後は業者の方におまかせというわけではなく、自分も現場に入って見てしっかり確認してくださっていたんですね。近藤さんに要望をお伝えすると現場でパッと変えてくださったりと、すぐに対応していただいたのはすごいなと思います。

相談しながら意見や希望を変えていくことはありましたか

ありました。希望の形はあるけれど構造がわからず安全面で不安なことなどを相談すると、「こういうイ メージでいけますよ」とより良い案を出していただきました。また、良くないことは「やめたほうがいい」 ときちんと応えてくださいましたね。例えばロフトはもともと私たち全然想像もしていなかったんです が、提案してくださったのでおまかせしてみたら、とても素敵なものができてとても満足しています。

ロフトの下の収納はご主人のこだわりだそうですね

そうですね。ロフトの階段をインターネットで調べていたら、収納付きのものが格好良くていいなと思 ったので提案させていただきました。趣味のものや、アルバム、優勝旗などを入れようと思っています

建ったあと、予想外に良かったと思う部分はどこですか

四隅の黒いアイアンの部分です。「四隅がどうしても出ちゃうんですよ」と言われていたんですが、逆に この黒に塗ってもらえたことでドライフラワーやグリーンを飾ったりと、いろいろ使えそうなんです。 良い場所ができたなと、これからが楽しみです。(奥様) 僕は窓から見える景色が結構いいなと思っています。リビングの横の土地がたまたま果樹園なので果実 が見えるのと、北側の正方形の窓からは富士山が見えます。周りの景色も考えて設計してくださって、あ りがたいなと思いますね。

ご近所の方々がこの細⾧い土地にどんな家が建つのかと、気にしていたそうですね

はい。「こーんな細⾧い土地に家が建つのかと心配していたけれど、立派な家が建つもんだねぇ。心配し てたけど、良かったねぇ」なんて何人もの方に言われました(笑) あとは、この土地は水がつくだとか地 盤が緩いとか、そういった情報も近所の方が教えてくださって、向かいのおじいちゃんの「土地はあげて おいたほうがいいよ」というアドバイスを受けて実際に土地を高くしました。そういう土地の情報は参 考になって助かりました。親切なご近所さんに恵まれて感謝しています。

お庭がかなり広いです

ウッドデッキを付けて、リビングからつながる形で庭造りを考えています。芝を敷いたり、家庭菜園をし たり、プールや遊具を置いたりと、子どもにとって遊び甲斐のある良い場所を作れたらいいなと思いま すね。犬はドッグランのように走り回れそうですし、趣味の野球の投球練習もできそうです。自由度が高 く、いろんなことができそうで楽しみです。

これから家づくりする人にメッセージをお願いします

家を建てるにあたって、何が一番大事かを夫婦のあいだでしっかり話し合うのが大切ですね。 家づくりを進めていくと、あれもこれも、と優先順位がわからなくなったり、予算が膨らんでいったりし ます。予算内で、譲れない部分、譲れる部分をはっきりさせるのが良いと思います。 あとは、ネットだけでなく、人づてでも良いし、新聞、チラシ、雑誌など、いろんなメーカーさんを調べ てみるといいと思います。(ご主人) 家づくりは人と人とのお付き合いになり、信頼しておまかせすることになるので「この方にお願いした い」という想いが大切だと思います。普通のメーカーさんだと営業さん、設計士さんと役割がわかれてい ますが、近藤さんの場合は、「近藤さん」だったので、私たちの意思がしっかりと現場に活かされてあり がたかったです。また、近藤さんの奥さんは打ち合わせに同席してくださって、「どういうことを大事に したいですか」とか「家族とどういうことをしたいですか」とかカウンセリングしていただき、自分たち の望むものを引き出してくださいました。子どもの面倒も見てくださったりしてありがたかったです。 (奥様) 実は打ち合わせに行って、近藤さんに会うのが毎回すごく楽しみだったんです。 お二人の人柄ありますし、すごく前向きな、楽しい話し合いがいつもできていました。 竣工がはじまり、打ち合わせの機会が減ってきて寂しくなったりもしていましたね。でもこれから子ど もが大きくなたら仕切りをつける予定があったりと、お付き合いが続くので、今後も楽しみです。